コラム

米国暗号モジュールの認証状況

2010年1月21日

 ITSCは2009年5月15日に米国NISTの認定プログラム(NVLAP)から「暗号及びセキュリティ試験(CST)」の試験機関として認定されました。米国(NIST)とカナダ(CSEC)のCMVP/CAVPの試験機関としてFIPS PUB 140-2に基づいた暗号モジュール試験/暗号アルゴリズム試験を実施しています。ITSCに認定された資格はFIPS PUB 140-2に基づく暗号モジュール試験および暗号アルゴリズム試験です(セキュリティレベル1,2,3,4)。現在策定中のFIPS PUB 140-3に基づく試験にも対応できます。

 なお、ITSCは日本の認証制度であるJCMVP(暗号モジュール試験及び認証制度)の暗号モジュール試験機関の資格を申請中です。 暗号モジュールと暗号アルゴリズムの認証リストは公開されていますが、これをグラフ化して認証状況を紹介します。

 暗号モジュール(CMVP)の認証件数は毎年増減がありますが、ここ数年は160から190(件/年)に及んでいます(図1)。累計件数は2009年末までに1200件を超えています(図2)。主な申請者はSafe Net、nCipher、Cisco Systemなど米国の大手主力メーカーですが(図3)、累計で250社以上の企業が認証を受けています。申請者のほとんどは米国メーカーですがカナダをはじめ主要国のメーカーが参加しています(図4)。

 暗号アルゴリズム(CAVP)の認証件数は毎年増加しており2007年は20%、2008年は26%、2009年5%増でした(図5)。累計件数は6000件を超えています(図6)。

暗号モジュール(CMVP)認証件数

暗号モジュール(CMVP)認証件数累計

暗号モジュール(CMVP)認証件数(申請者別)

暗号モジュール(CMVP)認証件数(国別)

暗号アルゴリズム(CAVP)認証件数

暗号モジュール(CAVP)認証件数累計

≪用語の説明と関連サイト≫ 

≪図の出典≫
図はいずれも下記サイト記載の認証リストを元にして作図しました。

注目ワード> ISO/IEC15408 コモンクライテリア JISEC 電子政府推奨暗号リスト JCMVP  FIPS140 CMVP/CAVP
Copyright (C) 2007-2017 Information Technology Security Center. All Rights Reserved