コラム

CCRA認証製品の集計

2011年6月15日

  CCRA(Common Criteria Recognition Agreement)認証国で認証取得した認証製品のうち、申請者が希望する製品をCCRAポータルサイトで掲載しています。ここでは2011年4月時点でCCRAポータルサイトに掲載された2010年までのデータを用いてCCRA認証製品の集計についてご紹介します。

  2010年末までのCCRA掲載の認証製品数を図1に示します。2010年末には累計1366件に達しています。EAL(評価保証レベル)別の累計件数はEAL1(EAL1とEAL1+の合計、以下同様)が累計60件、EAL2は328件、EAL3は309件、EAL4は536件、EAL5は128件、EAL6は1件、EAL7は4件です。日本、ドイツ、アメリカなど主要国で2009年から2010年の認証取得数が減少していることを受けてCCRA登録件数も減少しています。PP(Protection Profile)適合している件数は301件ですがこのうち219件はIC(ICとSmart Cardsに係る機器)の製品分野のものであり、この分野ではPP適合の認証が進んでいます。

CCRA登録件数

図1 認証製品数の推移(CCRA掲載の認証製品をグラフ化したもの)

  製品分類ごとの登録件数を図2に示しますが、累計件数を見るとOD(Other Devices and Systems)とICの件数が多いことがわかります。ODは主にMFP(Multifunction Peripheral:複合機)が含まれており、2009年に比べて2010年の件数が増加しているのは主にリコー(企業名は略称します。以下同様)とSamsungのMFPの増加が寄与しています。ICは2009年と比べて2010年は減少しています。

CCRA製品分野別登録件数

図2 製品分野別のCCRA登録件数(CCRA掲載の認証製品をグラフ化したもの)

  図3にCCRA掲載の認証製品の申請者のうち掲載件数が多い主な申請者(申請者は略称表記し、関連企業は統合し、連名登録の場合は重複カウントしています)を示します。最多の申請者はIBM、2位がATMELですが3位と5位に複合機の認証が多いコニカミノルタ・テクノロジーズ(KMBT)と富士ゼロックスが続いています。

CCRA申請者別登録件数

図3 CCRA登録の主な申請者(申請者は略称表記し、関連企業は統合し、連名登録の場合は重複カウントしています)(CCRA掲載の認証製品をグラフ化したもの)

≪参照≫

  • 認証国(CA:Certificate Authorizing):日本、カナダ、フランス、ドイツ、イギリス、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、オランダ、イタリア、ノルウェー、韓国、スペイン、スウェーデン、トルコ
  • 受入国(CC:Certificate Consuming):フィンランド、ギリシャ、イスラエル、オーストリア、ハンガリー、チェコ、シンガポール、インド、デンマーク、マレーシア、パキスタン
注目ワード> ISO/IEC15408 コモンクライテリア JISEC 電子政府推奨暗号リスト JCMVP  FIPS140 CMVP/CAVP
Copyright (C) 2007-2017 Information Technology Security Center. All Rights Reserved